[歴史①]日本史: 食料

[歴史①]日本史

日本史のサイトです。

食料

「食料」のコンテンツ[全 3 件]

  1. 狩猟採集

    (複製)狩猟採集とは、自然の動植物を直接食べ物とする狩猟と採集をいう。欧米の一般的な文明論では、狩猟採集民は愚かで原始的な生活を送っていると考えられており、狩猟採集は食べ物を求めて少人数で移動を繰り返す、不安定で貧しい経済段階であると考えられている。
  2. 農耕

    (複製)農耕とは、田畑を耕して農業を営むことをいう。安定した食料を得られる農耕は人類に定住生活と集落の発展を可能にした。ただし、農耕は自然を破壊するという側面もある。
  3. 農耕―土器

    (複製)土器とは、粘土を焼成した(成形して焼いた)素焼きの器をいう。採集生活の段階で発明された可能性があるが、農耕定住生活にともなって世界各地で製作され普及した。用途は、調理・貯蔵などの日常用と、儀式用に区分される。


関連コンテンツ


「食料」の位置づけ

現在のカテゴリ:「食料」の位置づけは以下のとおりです。

上のカテゴリ


前後のカテゴリ

プリバシーポリシー