狩猟採集 - [歴史①]日本史

[歴史①]日本史

日本史のサイトです。

狩猟採集

(" 狩猟採集 "から複製)

狩猟採集とは

狩猟採集の定義・意味など

狩猟採集(しゅりょうさいしゅう)とは、自然の動植物を直接食べ物とする狩猟と採集をいう。

狩猟採集の意義・評価

欧米の一般的な文明論では、狩猟採集民は愚かで原始的な生活を送っていると考えられており、狩猟採集は食べ物を求めて少人数で移動を繰り返す、不安定で貧しい経済段階であると考えられている。

NHKスペシャル アジア巨大遺跡 第4集「縄文 奇跡の大集落」 2015年11月8日放送

狩猟採集と関係する概念

農耕

欧米の一般的な文明論では、人類の歴史は不安定で貧しい狩猟採集の経済段階(旧石器時代)から安定した豊かな農耕の経済段階(新石器時代)に移行するものと考えられている。


| 現在のカテゴリ:食料 |

現在のカテゴリ:食料

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

  1. 狩猟採集
  2. 農耕
  3. 農耕―土器

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:食料 の位置づけ

プリバシーポリシー