農耕 - [歴史①]日本史

[歴史①]日本史

日本史のサイトです。

農耕

(" 農耕 "から複製)

農耕とは 【agriculture

農耕の定義・意味など

農耕(のうこう)とは、田畑を耕して農業を営むことをいう。

三省堂 『新明解国語辞典 第四版』

農耕の意義・評価

定住・集落

安定した食料を得られる農耕は人類に定住生活と集落の発展を可能にした。

自然の破壊

農耕は自然を破壊することから始まる。

農耕と関係する概念

狩猟採集

欧米の一般的な文明論では、人類の歴史は不安定で貧しい狩猟採集の経済段階(旧石器時代)から安定した豊かな農耕の経済段階(新石器時代)に移行するものと考えられている。


| 現在のカテゴリ:食料 |

現在のカテゴリ:食料

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「食料」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 狩猟採集
  2. 農耕
  3. 農耕―土器

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:食料 の位置づけ

現在のカテゴリ:「食料」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー